スポンサーリンク

国語もできない!

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

学習障害対策



小学2年生の息子。

国語も全然できません。

夏休み前の懇談会にて、私より担任の先生へ算数ができなくて困っている。家では、1年生の復習をしている等、とにかく算数の話ばかりしていたら・・・・。

先生より、一撃必殺のお言葉。

国語はどうですか?

Σ(゚д゚lll)ガーン

算数の事ばかり質問する私に対して、

いやいや国語がまず優先でしょ!国語もだいぶ問題がありますよ!

と、この一言に含まれた意味にズキュンと一撃で大ダメージをおいました(/ω\)

国語力とは、読解力?!

確かに、息子の国語のテストの点数はそれはもうヒドイものです。

しかし、絵本の読み聞かせさえしていれば大丈夫と信じていました。

小学2年生になる子に、読み聞かせしている親はさほど多くないのではないでしょうか?

本が好きな子は、一人でどんどん読んでいると思います。

それでも、我が息子はIQ低めなのでまだまだ私が読み聞かせを続けようと思っています。

でも、ただの読み聞かせではダメだったと、先生の指摘により痛感しました。

国語力というのは、文章の内容を読み取る力が必要なんだ!

ただ聞いているだけでは、その力は成長しないんだ!

IQ低めの子に、読解力をつけさせる為に。

我が息子対策に考えたのは、

絵本の読み聞かせをしながら、途中に

「これってなんでこーなってるのかな?」

「この人、今どんな気持ちなんだろう?」

「それって、何のこと言ってるの?」

質問をしながら、読み進めるようにしました。

しかしこれ、やりすぎるとかなりうっとおしがられます(/ω\)

質問終わる前に、次のページをめくってます。

絵本を楽しく読み聞かせながら、内容の確認をしていくのはかなり難易度高めに感じます。

すぐ、息子の早く次のページに行きたいスイッチが発動してしまうのです。

なんとか、この対話式絵本の読み聞かせに慣れてくれないかしら・・・。

国語対策としは、やはり絵本・本にたくさん触れる事。

たくさん読むこと。

じっくり読むこと。

感情的に読むこと。

それを軸に考えながら、これかも国語対策をしていこうと思います。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
学習障害対策
nobitaをフォローする
発達のんびり君を育てる日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました